実際に沖縄の工務店で木造住宅を建ててわかった良さをご紹介します

SITEMAP

木造建築

日本の環境にあった木造住宅

きれいな部屋

木造住宅で30年暮らしてきて、不動産の仕事にも関わり、結婚後引越や欠陥住宅でマンションを何回も変わった経験からわかることですが、日本では木造住宅がやはり適していると思います。昭和までの日本家屋は忠実に仕事をする職人さん達のお陰でまともな家を安心して住めるようになっていました。材木の職人さんは丈夫な木をしっかり育て、大工さんは家を丈夫で長持ちする為に木の年輪などから立つ家の向きや環境を配慮して材木の一夜角度を工夫してくれています。又、昔からの家相なども考慮されていたと思います。
自然の素材(畳、竹、土壁(珪藻土)など)は人の体にも良く、断熱、遮音、通気と湿気の多い、四季のある日本にはとても合ったものです。地震などでどうしても鉄筋コンクリートが丈夫と思われがちですが、木組の工夫や木の素材などでは強度は増す事が分かっています。現代の近代的な建物や見た目の美しさでどうしても良いように思いますが、生身の人間には木造が一番良いとわかりました。マンションなどの施工は不動産や管理会社ではわからない内容が隠れており、施工業者と販売会社との交渉での見えないやりとりが消費者を後々苦しめることが多くあります。共同住宅で住宅トラブルの解消は管理会社には任せられなくなります。本当の職人さんは高齢ですが、本物です。古民家などは一番良いのですが維持が難しければまともな材木でたった家をリフォームする事はお薦めです。

update article

TOP