実際に沖縄の工務店で木造住宅を建ててわかった良さをご紹介します

SITEMAP

木造建築
2016年11月09日
木造住宅の注意点を更新しました。
2016年11月09日
木造住宅のメリットを知っておきましょうを更新しました。
2016年11月09日
木造住宅の魅力についてを更新しました。
2016年11月09日
日本の環境にあった木造住宅を更新しました。

沖縄の木造住宅づくりの楽しさ

家族が増えてくると物が増え、間取りや収納にも限界を感じるときがございませんか。沖縄で戸建を考える場合、間取りは建築士と自分たちで一から考えていくので大変ではありますが、自分たちが考えて造った家はホッとする場となることでしょう。沖縄の木造住宅は鉄筋より建築費が安く、また最近ではマンションと変わらぬ住み心地です。
どのような木造住宅にしていきたいか夫婦でよく話し合い、また子供がいる場合には、性別やライフスタイルに合わせていくと、大体の理想とする家の間取りに近づきます。そしてまずは予算はしっかりと決めてからハウスメーカーと相談しましょう。一社に限らず、沖縄でいくつかのハウスメーカーと話し合うことです。土地の図面を持って行けば、様々なアイディアを出して下さるので、理想像により近づいていきます。
相談内容も優先順位を伝えること。妻がよく自動車を運転するから駐車場をゆったりめにしたい、またリビングは朝の光をたっぷりあびることができるよう広めにして窓を大きめにしたい、収納はできるだけ多め希望、キッチンは広めに、セキュリティー重視、靴洗いができるシンクはつけたい・・等です。そして外装内装は二の次です。木造住宅を建ててからあのようにすればよかった、こんなはずではなかった、とならぬよう沖縄で開催されている多くのハウスメーカーのイベントに参加して情報収集したり、経験された友人からお話を聞いたり、ご家族全員が納得のいく家づくりを楽しんでください!

沖縄の木造住宅の2つの魅力

沖縄の木造住宅は人気です。それは、忙しい社会生活から癒しや寛ぎを求めると人間は自然を求めるようになります。人間も動物だからです。帰る家も木造で木目を生かした素材を使った住宅だと安心するものです。梁・柱で構造する「在来工法」と、壁で構成する「2×4工法(ツーバイ―フォー)」です。在来工法が比較的自由設計が多く、2×4はパッケージ販売が多く、工期も早い住宅が多いようです。
この他に「高断熱・高気密住宅」を耳にするかと思います。夏は冷房の冷気、冬は暖房の暖気を外部に逃がさない工夫をしている住宅です。メーカーによって呼び名が大きく異なりますので注意が必要です。
地震が多く報道では、倒壊した木造家屋が映像化され地震の大きさを伝えています。そして住宅メーカーは鉄骨、免震住宅の宣伝や販売を強化しています。しかし木造住宅の耐震性能は高いレベルです。それをメーカー、施工者が消費者へ正しく伝えていないように思います。簡単に紹介すると、「筋交い」という柱と柱に斜めに渡す板を1本とか裏表2本(Xのように)、主要な壁に配置することで強度を保てるのです。
沖縄で確りとした設計者や工務店ならわかりやすく説明してもらえます。逆にいうと、説明できない工務店等は避けたほうが良いです。施行中の木造住宅を確認する時も、この点を注意して点検すると安心です。

沖縄の木造住宅の魅力を知っておこう

いきなりですが、みなさんに質問です。新築住宅における木造の率はどのくらいだと思いますか?2015年に新築された住宅の55.5%が木造(国土交通省 調べ)となっています。この数字、多いと思いますか?少ないと思いますか?集合住宅も含んでの割合と考えると、私は案外多いと感じました。皆さんはどう感じられたでしょうか。
実は私も2013年に沖縄の工務店で木造住宅てを建てました。実際沖縄の木造住宅に3年ほど住んでみて色々と良さが分かったので、特に良いと思った2点をご紹介します。
①夏や冬が快適
梅雨であれば家のなかがジメジメしたり、冬場であれば乾燥したりしますよね。私も家を建てる前に住んでいた集合住宅では、湿気が非常に気になっていました。梅雨時期は床がべとべとするし、冬場は加湿器が欠かせませんでした。家の木材が適度な吸湿・加湿を自然にしてくれるので、家の中は快適です。特に冬場は加湿器を1度も使わなくなりました。
②怪我しにくい
4歳になる息子がいるのですが、先日、遊んでいる最中にこけて床に顔面を打ったことがありました。我が家は無垢の床材を使用しているのですが、加工材と違いやわらかいので、幸い鼻血だけで済みました。床に傷が少し付いてしまいましたが、歯が折れることがなくてよかったと思っています。
他にも多くの魅力的な点がある沖縄の木造住宅。ぜひ、ご自身で体験してみて欲しいと思います。皆さんの住まいづくりの参考になれば幸いです。


沖縄にお住まいの方でマイホームを木造で建てようと思っているなら、長い経験・多くの実績が魅力的な沖縄の木造住宅工務店に相談してみてください!価格を抑えつつも、台風・シロアリ・湿気にも対策できるのでかなりお勧めです。

update article

TOP